品格ある調和の時代に

 令和――秩序と品格ある美しい調和。そうした意味を持つとされる名の時代が幕を開け、早や半月。テレビ番組なども平常に戻っているが、筆者には令和初の本欄となるので、半月前を振り返ってみたい◆平成最後の日、4月30日夕刻の退位式。陛下はご退出の際に振り返り、しばしの間じっと佇まれた。そして一礼し、静かに退出された。テレビ画面で中継を見ながら、陛下が振り返られ、その場に佇まれた時は「はっ」と胸を衝かれた。穏やかなまなざしは列席の人々や正殿松の間という空間だけでなく、ご在位の30年という時間のすべてに注がれているように思われた。退出のお姿には、遥かな過去と今とを結ぶ、伝統という特別な時間の重みを見る思いがした◆そして令和の始まり。昭和から平成への代替わりとは異なり、天皇陛下の崩御に伴うものではなかったため、晴れ晴れとした祝意に満ちた明るい代替わりとなった。実際にその瞬間を迎えた全国各地の様子など目にすると、一つの時代の夜明けを目の当たりにできた喜びが感じられた◆現在の皇居は江戸城跡であり、お堀が巡らされている。しかし近世以前の天皇の住まい、京都御所にはお堀や石垣など防衛の施設は何もない。1000年以上、そんな必要に迫られることなくずっと過ごしてきた。王朝を武力で倒すという世界史ではよくある事態が、日本の長い歴史では誰にとっても思いもよらないことだったのだ◆実利的な価値とは無縁の世界の存在を重んじ、心からの敬愛を抱く。それができるのは誇るべき日本の国柄であるように思う。民主国家として天皇制のあり方などについての論議はなされるべきと思うが、この国柄は損なわれずにいてほしい。品格ある調和の国であり続けるためにも。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る