仏のIR事業者が和歌山市に事務所開設

 フランスの大手IR事業者「グループ・ルシアン・バリエール」が14日、県のIR誘致候補地の和歌山マリーナシティ(和歌山市毛見)で記者会見を開き、同市内に日本初となる事務所を開設したと発表した。公式ブランド大使には、ハリウッド映画の「レオン」などで知られる俳優ジャン・レノさんが就任し、県のIR参入に力を注ぐ。

 同社は1912年創業。ヨーロッパを中心に30カ所以上でカジノを運営するほか、ホテルやレストランなどを経営している。この日の会見には同社のアレクサンドル・バリエール開発マネジャー、ジョナタン・ストロック日本支社長、ジャン・レノさんが出席。バリエール開発マネジャーは「自然の尊重がキー概念。和歌山の素晴らしい自然を広く感じることができるリゾートにしたい。日本、和歌山の人と協力しながら力を合わせていきたい」と話した。

 ストロック日本支社長は「各市を回ったが、ここに足を踏み入れたときにひらめきを感じ、アレクサンドルと『ここだね』と言ったことを覚えている。関西空港が近いことや白浜空港もあるなど、リゾートに必要な条件が全てそろっている。また、人々が親切で心が温かい」と事務所開設の経緯を述べた。

 バリエールグループと20年間、親交があるレノさんは「和歌山には初めて来た。日本の皆さんが誇りに思うリゾートになればと思う。自然を守り、ギャンブル依存症で苦しむ人がいないなど、責任のあるリゾートに励んでいただきたい」と話した。

 構想は、マリーナシティに2500室のホテルとカジノ施設などを建設し、マリンスポーツや高野山、熊野古道などの観光資源を生かしながら、自然と環境を重視したリゾートを目指す。

 ギャンブル依存症の対策について、ストロック日本支社長は「ギャンブルは楽しみでなくてはならず、決して中毒になって苦しむ状態になってはいけない。心理セラピストなどを常駐して予防的に対応する」と話した。

 会見後、3人は同所の黒潮市場でマグロ解体ショーを見学し、新鮮な和歌山産マグロを楽しんだ。

写真=会見するバリエール開発マネージャー(中央)とストロック日本支社長㊧、レノさん

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る