久しぶりの大雨 梅生産農家は喜び

 20日夕方から21日早朝にかけて日高地方で累積雨量50㍉を超えるまとまった雨が降った。これから特産の南高梅の収穫シーズンとなる南部郷では、まさに恵みの雨。今月に入って雨不足が深刻で、梅の実の肥大が伸びず収量減が心配されていただけに、梅農家やJA関係者からは「待望の雨だ」と喜びの声が聞かれた。

 南高梅の収穫は間もなくスタートするが、南部郷では梅の実が大きくなるのに不可欠な雨がことしは少なく、深刻な問題となっていた。JA紀州によると、5月の降水量はわずか18㍉で、過去最高級だった昨年の331㍉に比べて約20分の1。このままでは梅の実の肥大が促進されず、全体の収量が減少することが懸念され、スプリンクラーでかん水する園地もあり、「まとまった雨がほしい」との声が日に日に大きくなっていた。

 20日午後6時ごろから降り出した雨は、翌21日午前3時ごろに最も激しく、4時ごろまでの累計はみなべ町旧南部町で56㍉、旧南部川村では68㍉を観測。久しぶりの大雨に、これまで曇っていた生産農家の表情も晴れやかになった。

 梅栽培約50年という同町徳蔵の片岡清さん(69)は「雨不足が深刻で心配していましたが、ちょうどいいときに雨が降ってくれて最高。収穫までにもう少し雨、晴れを繰り返してくれればいうことはないのですが」と願いを込めて話していた。

 JA関係者も「待ちに待った雨で、まさに最高の恵みの雨。実が肥大し、収量がアップしてくれれば」と期待を込めていた。

 JA紀州によると、小梅に続いて古城の収穫は19日から始まっており、主力品種である南高梅は今月26日からスタートする。

写真=久しぶりの雨に梅の実の肥大を期待する片岡さん

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る