それまでの明日(原尞著 早川書房)

 2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵沢崎が主人公のシリーズ第6作を紹介します。

 物語 渡辺探偵社の沢崎のもとに現れたのは、紳士的な雰囲気をもつ男性望月。金融会社の支店長で、融資に関する調査として、ある料亭の女将の身辺調査をしてほしいというのが依頼だった。社内の派閥争いが絡んでいる案件なので、報告の連絡は極力避けてほしいと念を押され、1週間後にまた来ると言って着手金を渡し帰っていった。調査に取りかかった沢崎はすぐに、調査対象がすでに死亡していることを知り、望月に連絡を取ろうと勤務先の金融会社へ客を装い出かけて行った。そこでなんと強盗事件に巻き込まれてしまううえ、望月が行方知れずなことがわかる。依頼人に会うため行方を捜し始めるが、沢崎の調査は果たしてどんな真相を突き止めるのか。

 この著者の本も、沢崎探偵シリーズも初めて読みました。旧知の刑事や暴力団関係者はおなじみの登場人物のようですが、前作までを知らなくてもすんなり物語に入れました。主人公の沢崎は人をいらだたせるような物言いで、芝居がかっている気もしますが、いつの間にか気にならなくなっていました。喫煙シーンが多かったり、携帯電話を持っていなかったりと昭和のにおいがする独特な世界のなか、張り巡らせた伏線が、後半ビシバシと回収され、パーツが埋まっていくのは爽快です。ハードボイルドシリーズとなっていますが、沢崎も50歳を越えたからか、これまでの作品よりはマイルドになっているようです。何にもなびかず、冷静ですべてを見通したような探偵はちょっと出来すぎていますが、楽しく読めました。シリーズをさかのぼって読んでみようと思います。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る