お米の里 たかくらや ご自由にどうぞ!

 お米の里 たかくらやでは、「ご自由に、好きなだけ、もみがらをお取りください」と呼びかけています。

 稲を収穫し、脱穀した後に大量に出るもみがらは、土に混ぜることで土壌改良材になります。また、土に混ぜるだけではなく、上から蒔いても使えるため、ガーデニングや畑仕事で主に活用されています。もみがらの使い方は、畑の地表の保温対策(寒い時季の対策)、保湿対策(種まき後や乾燥時季など)、土に混ぜ込んで通気性を上げる――などいろいろ。

 「スコップやとんぼ、ちりとりなどの道具を用意しております。ご利用される方は店頭にお声かけください。定休日でも、お声かけいただければ、ご利用いただけます」。

写真=道具も用意しています

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る