頭使ってプレー、采配

 日高地方中学生軟式野球選抜「日高オールスターズ」の県予選を取材していると、打った瞬間、ヒットと思ったオールスターズの選手の当たりが、二ゴロとなった。投手の足元へ打ち返し、二塁ベース付近に転がった打球。通常の守備位置なら中前へ抜けているが、二塁手がそこにいて、難なくアウトにされた。相手チームをよく研究しているのか、それとも自軍の投手の特徴、配球から左よりに定位置を変えていたのか。いずれにせよ、隠れたファインプレーだと感心させられた。

 プロ野球ではセ・リーグの巨人の今シーズンの打線を見たとき、こちらもよく考えられていると感心した。2番・坂本、3番・丸、4番・岡本の部分。勝手な評論をすると、これだと1番打者が出塁すれば小技を使う必要がなく一気の大量点が望め、1死となったあとでも強打者3人の連続で得点可能な並びだ。エース以外は投手力に不安のあるチームだからこそ、初回の得点で試合の主導権を握れるかが大きな鍵となる。さらに2、3点追いかける展開でも、よくあるつなぎの2番ではないので切れ目がなく、形勢逆転の期待が持てる。大型補強がどうなるか注目していたが、なかなかの布陣。10試合以上を消化し、この打順が機能している場面も多く見られ、まずまずの開幕スタートにつながっている。

 1球投げるたびに間合いがあり、サッカーなどと違って考える時間をとれるのが野球。頭を使えばヒットをアウトにできるし、同じ選手でも起用の仕方しだいで得点力が大きく変わり、実力差を埋められる、またひっくり返せる。観戦する側も頭を使えば、より一層、これからの野球シーズンを楽しめるのではないだろうか。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る