紀伊風土記の丘 地曳網和船の展示施設完成

 和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘に県指定有形民俗文化財「日高地域の地曳網漁用具および和船」の展示施設が完成し、21日、記念セレモニーが行われる。

 風土記の丘が所蔵する地曳網漁用具と和船は、日高町産湯地区を中心に収集され、2007年6月に県有形民俗文化財に指定された。和船は大型のため、これまで屋根のないところに展示してきたが、船体の老朽化が進んだため、昨年度から和船の大規模修理と収蔵施設の建設を進めていた。

 地曳網漁は、「アミブネ」と呼ばれる和船2艘が沖合から左右に分かれて大きな網で魚群を包囲し、浜辺から両端の網を曳いて魚を獲る漁法。かつて紀伊半島沿岸部では海岸地形を利用して、この地曳網漁が盛んに行われていた。

 記念セレモニーは午後1時から。施設の開場テープカットのあと、学芸員による展示解説、お祝いの餅まきも行われる。参加は申し込み不要。1時半からは専門家による民家ガイドツアーが行われる。

写真=完成した展示施設内の和船(紀伊風土記の丘提供)

関連記事

県軟式野球連盟学童部日高支部春季大会

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る