県議選御坊市 楠本氏が一夜明け抱負

 県議選投開票から一夜明けた8日朝、御坊市選挙区で自民党現職を破って初当選を飾った共産党新人の楠本文郎氏(64)が激しい選挙戦を振り返り、抱負を語った。

 二十数件の電話と30件のメールで祝福を受けたといい、「本当にいいスタッフに恵まれた。昨年5月の出馬表明から長い活動だったが、ボランティアで集まってくれた支援者の草の根運動が結果をもたらした」と勝因を分析。この日も朝から国道42号に立ってドライバーに手を振ったあと、柏木征夫市長を訪ねて当選を報告し、「私の公約ですので、県議会前には必ずここへ来ます」と約束したことを明かした。

 「市民の願いや思いをどう表現していくか、これから新しい挑戦が始まる」と気を引き締め、市民の声を拾い上げるために誰でも参加できる懇談会を年に数回開催することや、御坊市議とテーマを決めて議論する場を設けることも検討していくという。

 今後は喫緊の課題として日高川水系整備計画の早期実施や国保税の引き下げに取り組むとし、「私に投じてくれた中には、『一回楠本にやらせてみよう』という人も多かったと思う。相手候補に投じた人の不安を取り除く努力をしていくことも必要で、共産党の論陣を張る、宣伝を県会でやる、これでは受け入れられない。市民の声をどう伝えるかが大切。野球に例えると1試合1試合全力投球で、市民の声が届くようになったと思われるように頑張りたい」と話した。

写真=選挙事務所で今後の抱負を語る楠本氏

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る