県議選 御坊市は楠本氏が接戦制す

注目の県議選に7日、有権者の審判が下った。8年ぶりの選挙戦で激戦となった御坊市選挙区(定数1)は、共産党新人で元御坊市議の楠本文郎氏(64)が6193票を獲得し、自民党現職で8期のベテラン中村裕一氏(59)の5946票にわずか247票差、接戦を制して初陣を飾った。1人区で共産党が議席を獲得するのはまれ。市議として35年間で培った経験と実績、人柄で党派を超えて票を集めた。中村氏は3年前の市長選で保守が二分したあおりを受け、わずかに届かなかった。

日高郡選挙区(定数3)は、冨安民浩氏(71)が経験と実績を武器に組織力を生かして1万784票を獲得し、トップで堂々の8選を飾った。次いでフットワークの軽さで広く支持を集めた坂本登氏(72)が7805票。3番手は無所属新人の玄素彰人氏(45)で、元町長の知名度で無党派層を掘り起こし初V。次点の花田健吉氏(60)は、同じ印南町の玄素氏のあおりを受け、自民党現職の3議席を守れなかった。

 

                                    

 

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る