県が御坊でIR説明会開く

 御坊商工会館で23日、県が推進するカジノを含む統合型リゾート(IR)の説明会が開かれ、日高地方各市町の行政職員、議会議員、商工事業者、医療法人関係者ら約130人が参加した。

 県が誘致を目指すIRは、多種多様な観光資源を背景としたリゾート型IR。候補地の和歌山市毛見のマリーナシティを拠点にマリンレジャー、温泉、世界遺産などが楽しめる長期滞在型観光をセールスポイントとして、シンガポールのような都市型IRの大阪との違い、誘客の相乗効果をアピールしている。

 説明会では、横山達伸企画政策局長が昨年10月に策定した基本構想改訂版の内容、経済波及効果、国の規制のうえに独自のIRカードの導入などによるカジノ客のギャンブル依存症対策などを丁寧に説明。参加者からは「マリーナシティの駐車場は足りるのか」「関空からマリーナまで直通の鉄道整備計画はないのか」などと質問があり、関空からのアクセスについては「現時点で鉄道の計画はないが、人の流れが大きく変わるようであれば、道路の新設や海上バスの運航なども検討課題となるだろう」などと答えた。

写真=横山企画政策局長がIR基本構想について説明

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る