由良町の家賃補助事業が好評

 2016年度からスタートした由良町の町内民間賃貸住宅家賃補助事業は18年度末現在、16組の利用があり、順調に増えている。新婚世帯を対象に、住宅の家賃を補助率2分の1で月額最大2万5000円、5年間を期限に合計150万円を交付する独自の事業。若者の移住、定住促進へ上々の成果が出ていると言えそうだ。

 利用実績をみると、初年度となる16年度が3組、17年度が8組、18年度が7組の計18組。このうち2組はその後引っ越しなどで対象外となっており、現在、家賃補助を受けているのは16組32人。うち夫婦ともに町外からの転入は9組、出産しているカップルもいる。総務政策課は「毎年5組分の予算を取っているが、2年目、3年目はそれ以上の利用があった。順調に増えており、1人でも人口増につながっているのは喜ばしい」と話している。

 補助対象となる住宅は、新婚夫婦のいずれかが賃貸借契約を締結している町内の民間賃貸住宅で、▽16年7月1日から21年3月31日までに入居▽新婚夫婦でいずれもが満40歳未満▽町に住民登録――など。同様の補助制度は他市町にもあるが、由良町は県内でみても手厚くなっている。問い合わせは同課℡0738―65―1801。

 同町では総合戦略の「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」の一環で、家賃補助事業をはじめ、乳幼児紙おむつ購入費助成や満1歳から6歳までの子どもへの商品券1万円プレゼントなどのほか、本年度からは保育所利用者負担軽減事業の拡充や産後ケア事業などにも取り組んでいる。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る