由良の水越峠改良 概略ルート等の検討開始

 国土交通省近畿地方整備局が本年度から、由良町と広川町を結ぶ水越峠の国道42号改良に向けた概略ルートなどの調査、検討をスタートさせた。急こう配、急カーブが続く交通の難所で、地元住民から強い改良の要望が出ていた。今回の調査開始が、水越峠ルート改良の新規事業化に向けた事実上のゴーサインとなっており、早期対策が期待されている。

 水越峠の国道42号は、観光ルートや町内企業の物資輸送などにも活用されているが、曲がりくねった道で超低速の運転を余儀なくされることがある。さらに連続雨量が240㍉を超えると通行止めにもなり、海岸線道路を大幅に遠回りしなければならないなど、交通に大きな支障が出ていた。

 このため、由良町と広川町の官民が一体となって2015年8月、国道42号由良町畑広川町井関間改良促進協議会を設立。国の関係機関や本県選出の国会議員に要望活動を行い、畑と井関地内を結ぶ国道42号延長6・4㌔区間の早期改良を訴えてきた。

 調査では、対策が必要な範囲、概略ルート、構造についての検討を進めていく。その後、詳細ルートの検討、都市計画・環境アセスメントを進めるための調査、新規事業採択時評価のステップを経てようやく新規事業化という流れになるが、近畿地方整備局は「課題を十分に認識しているルートだから調査に入った」としており、今後の事業化に向けたラインに乗ったと言える。

写真=急カーブが連続する水越峠の国道42号

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る