日赤和歌山 高度型がん拠点病院に

 和歌山市小松原通4丁目の日赤和歌山医療センター(平岡眞寛院長)は、全国14施設の高度型地域がん診療連携拠点病院として国の指定を受けた。

 国内のがん診療は、がん対策基本法、がん対策推進基本計画に沿って、全国のどこでも質の高い診療・治療を受けられるようにするため、全国にがん診療連携拠点病院が整備されてきた。しかし、各病院によって取り組みに格差があり、医療事故が相次いだことなどもあり、厚生労働省がさらなる医療安全の確保等を目指し、全施設の治療状況、実績等を再審査した。

 新たな地域がん診療連携拠点病院は高度型、一般型、特例型の3種類に分類。高度型は一般型より厳しい複数の要件を満たしたうえ、▽診療実績が優れている▽高度な放射線治療が受けられる▽がん相談や緩和ケア体制が充実している――などが要件となる。日赤和歌山医療センターは、京大初代がんセンター長を務め、世界初の国産の追尾照射を可能とした次世代四次元放射線治療装置を開発した平岡院長らによる国内最高水準の放射線治療、和歌山市内唯一の病棟を持つ緩和ケアなどが評価され、高度型拠点病院に指定された。

 同センターは「今後も検診による早期発見から緩和ケア病棟の運営まで、幅広いがん医療の体制充実を図り、地域医療に貢献していきたい」と話している。

 県内では公立那賀病院(紀の川市)、橋本市民病院、紀南病院(田辺市)、独立行政法人国立病院機構南和歌山医療センター(同)の4施設が一般型がん拠点病院(全国で339施設)に指定され、県立医科大附属病院は都道府県が指定する都道府県がん拠点病院(全国で50施設)となった。

写真=がん診療全国トップ14の一つに決まった日赤和歌山医療センター

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る