日本陸連 小林君に中学優秀選手章

 公益財団法人日本陸上競技連盟の栄章の一つで、各都道府県で最も優秀な成績を収めた中学生アスリートに授与される「中学優秀選手章」の2018年度和歌山県受章者に、紀央館高1年の小林聖選手(15)=みなべ町芝=が決まった。中学3年生の昨年度、砲丸投げで大活躍。夏に県中学記録を更新し、全国大会で3位入賞を果たしたことが高い評価を受けた。表彰の伝達は5月5日の一般財団法人和歌山陸上競技協会栄章授与式で行われる。

 小林選手は昨年8月の第45回全日本中学校陸上競技選手権大会で14㍍56の好記録をマークし、3位に入賞。7月には近畿中学校総合体育大会陸上競技の部で県中学新記録となる15㍍01をたたき出して優勝も飾った。今回の和歌山陸協栄章授与式では日本陸連の栄章に加え、同協会の栄章(勲功章)と記録章(県中学記録)も同時に受章する。

 3歳から小学校卒業まで9年間は水泳。中学校の指導者の勧誘で始めたという投てきは南部中入学から卒業までの3年間打ち込み、その間、中2の時にはジュニアオリンピック陸上大会B(中2対象)砲丸投げでも日本一に輝くなど素晴らしい成績、記録を残した。

 日本陸連の栄章受章には「全中で優勝できなかったのでいまでも悔しさがあるが、表彰してもらえるのはうれしいこと」と笑顔。高校でも陸上部に入部、166㌢・97㌔の恵まれた体を生かして引き続き砲丸投げを専門にする予定で、「この冬場は受験勉強で練習ができていないけど、筋力は落ちていないと思う。これからまた鍛え直し、1年生で国体優勝と全国ユース出場、3年間ではインターハイ優勝を目標に頑張りたい」と一層の飛躍を力強く誓っている。

写真=中学優秀選手章を受ける小林選手

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る