御坊で平山郁夫展スタート

 ことし12月で没後10年となる日本画の大家、故平山郁夫の作品展が14日まで、御坊市民文化会館で開かれている。主催は枚方市の㈱ほるぷA&Iで、「東日本大震災子ども支援チャリティー」として開催。版画などを展示販売し、収益の一部は熊本地震被災者支援、公益社団法人ユネスコ協会連盟の行う「東日本大震災子ども支援募金」に寄付される。

 平山氏は、日本画の源流を求めシルクロードを訪ね、三蔵法師が歩いた道を描くことを使命とし生涯にわたって創作。本展は、原画の縮小版の版画や巧藝画(複製画の一つ)で、1959年に描いた「仏教伝来」から08年の作品「祈りの行進ルルド」まで、「パルミラ遺跡を行く」「流沙浄土変」などの代表作40点が展示販売がされている。

 作品を鑑賞し、「尾長鳥」の購入を決めた小池佳史さん(66)は、「平山氏の作品は、ブルーやオレンジが有名ですが、緑が美しいこの作品が珍しく、一目で気に入りました。地元でこれだけの代表作を一度に見られるのがうれしいです」と話していた。

 主催者は「平山先生は奥さんが和歌山県出身という縁があり、高野山奥の院を描いた作品もあります。ぜひ日高地方の人に見ていただきたいです」と来場を呼びかけている。

 入場は無料、展示時間は午前9時半から午後5時半まで。同時開催として東山魁夷、中島千波ら日本美術の名作30点も展示している。

写真=代表作を40点を展示販売

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る