失言ではなく感情を出す

 新年度が始まったばかりの5日に塚田一郎国道交通副大臣、10日に桜田義孝五輪担当相が、失言の責任を取って辞任した。それぞれ問題になったのは、塚田氏が安倍晋三総理と麻生太郎副総理兼財務相の地元を結ぶ道路事業を「忖度した」、桜田氏は「復興以上に大事なのは高橋(比奈子衆院議員)さんだ」という発言。ネットの発達で情報があふれ、世間の目も厳しくなるなか、気をつけているはずだが、「どうして…」とあきれる。

 一方、筆者自身は無感情だと言われることがある。「喜怒哀楽(きどあいらく)」がない「無無無無(むむむむむ)」。おそらく感情はあるが、表に出ておらず、冷めた性格という意味だろう。(心が)病まない程度に考えると、心当たりがあり、表現した感情が周囲の反応と違っていたり、発した言葉が相手の意に反していたりするのがどこか怖いのだと思う。

 少し古いがKY(空気が読めない)と言われないようにしようとしたり、「怒られたらどうしよう」と気おくれしたりし、知らず知らずのうちに自分を守っているのかも。そのためか「気難しい」「何を考えているか分からない」と見られることも。同調していないように映ることで喜びに水を差したり、悲しみへの同情を得られないというショックを与えたり、いずれにしても好印象は与えず、気をつけなければならないと思う。

 新聞記事は取材した内容を客観的にまとめる。事実のみを書いて主観は文章に入らないが、ニュースを伝えるという意味では冷めていては始まらない。もちろん失言には気をつけながら、新年度は自分を守ってばかりではなく、感情、言葉を出して無二無三に仕事をしたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る