南海堂 端午の節句にいかが

 5月5日はこどもの日。端午の節句に、南海堂の「二段重」はいかがでしょう。ただいま予約を受け付けています。

 二段重は、甘すぎずスッキリとした味わいのこし餡を、つるつる・モチモチ食感がたまらないお餅で包んだかしわ餅、ちまきが入った段と、モチモチのもち米と小豆が相性抜群の赤飯が入った段に分かれています。

 価格は小サイズの六角箱(かしわ餅5個、ちまき4本、赤飯1・5合)が1770円、大サイズの重箱(かしわ餅10個、ちまき8本、赤飯3合)が3840円。価格はすべて税込。

 「初節句のお祝いに当店の商品はいかがですか。ぜひご利用ください」と店主の山本さん。

 30日㈫は営業。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る