自慢、高慢、ばかがする

 先日、由良町で北野大さんの講演会が開かれた。言わずと知れたビートたけしさんの兄で、北野家の訓(おし)えを語った。

 大さんが普通にしゃべっている時はあまり感じなかったが、冗談を言う時には、たけしさんの物まねでもしているのかと思うほど、しゃべり口調が似ていた。わざと物まねしてウケを狙っているのかとも思ったが、そもそも兄弟だから似ていて当然。どちらかと言えば大さんが兄なのだから、たけしさんが大さんに似ていると言う方が正しいかもしれない。

 そんな大さんは足立区に住んでおり、「弟が世界の北野と呼ばれているものだから、私は足立区の北野と言っている」と冗談めかして話していた。ちょっとした自虐ネタではあるが、それをうまく使って笑いを誘う。そしてあっけらかんと「私は弟の七光」と言う。確かにテレビ出演や講演活動はたけしさんの恩恵もあるだろうが、大さん自身、工学博士であり、分析化学のエキスパート。よく分からないが、分析化学や環境科学の分野で学会から功績表彰も受けるなど、相当頭がよく、立派な人物である。

 にもかかわらず、偉そうにするわけでもなく、自慢するわけでもなく、どちらかと言えば少しおどけたような態度を取る。コマネチをしたり、変な衣装を着たりするたけしさんにも通じるものがある。これぞまさに北野家の訓えの一つ、「自慢、高慢、ばかがする」。つまり、大さんもたけしさんも自分をさげすんだり、ばかっぽいことをしたりするが、当然ばかではない。本当のばかは、自分の身分や地位を傘にいばる人。それを理解したうえで常に謙虚でいることが、人生勝ち組になる秘訣なのだろう。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 必ず投票しましょう!

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る