美浜でMAMAマルシェ好評

 美浜町吉原、吉原公園南側の松林内にある「松てるわ広場」で12日、母親らを対象にしたイベント「MAMAマルシェ」が初開催された。広場内には子育て中の女性らが出店のハンドメイド雑貨やフリーマーケット、各種体験コーナーなど12ブースが設置され、春本番を思わせる穏やか天候にも誘われて幼児連れの母親らで大にぎわい。30分無料の託児所も好評で、少しの時間、育児や家事から離れて自分の時間を楽しむ母親の姿も見られた。

 一般社団法人HIDAMARI(山田知代代表)が主催。「ママたちにゆっくりと楽しんでもらおう」と、広場内の多目的室を活用して託児所「キッズプレイルーム」も設置し、産品コーナー(施設)ではランチの提供も行われた。フリーマーケットでは衣類やおもちゃが並び、各種ハンドメイド雑貨、産品、パン・焼き菓子の販売、足型アート、カードセラピーなどのブースも人気を呼んでいた。

 絵の具をつけた足でとった足型を使って内裏びなを描く足型アートは上富田町からの出店で、自分の子どもの思い出、成長の記録を残そうと、多くの母子らが体験した。御坊市薗の中村希予美さん(36)も長男壮希君(1歳3カ月)の足型アートを完成させ、「大切に残しておいて、子どもが大きくなった時に見せてあげられれば」と笑顔。イベントについても「子連れで気軽に楽しめて、いいですね」と満足そうだった。

 平日午前10時から午後3時までの開催だったが、大盛況。主催者の山田代表は「第2回の開催も検討したい」と話していた。

写真=足型アートを楽しむ母子

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る