美浜でカナダ移民展始まる

 美浜町三尾のカナダミュージアム(旧野田邸)で31日まで、和歌山大学地域活性化総合センター紀州経済史文化史研究所の学外展示「移民と和歌山 三尾のカナダ移民」が開かれている。

 和歌山は全国有数の移民送出県といわれており、その中でも多くのカナダ移民を輩出した地域が通称「アメリカ村」と呼ばれている三尾地区。施設内には1888年、工野儀兵衛が単身カナダへ渡ったことから始まった三尾出身カナダ移民に関するパネル10枚などが展示され、先人の暮らしや功績、カナダ移民送出の歴史を背景とした現在の三尾における取り組み、交流活動などが説明されている。

 「カナダ移民の軌跡~故郷とのつながり」と題したパネルにはカナダ移民のふるさとへの貢献などが記され、「世界各地へ移民した人々は故郷の家族に送金している。三尾村における送金額は飛び抜けて多かったと言われている」と紹介されている。

 火曜は休館となるため入場できない。見学には入館料(大人150円、中学生以下無料)が必要。展示時間は午前10時から午後4時まで。詳細は同研究所℡073―457―7891。同施設では「施設内では喫茶も楽しめます。飲み物にプラス100円で、『ちいさなケーキセット』も始めました」と移民展と合わせてPR。

写真=施設内にパネル10枚を展示

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る