湯浅の海岸でスピノサウルスの化石発見

 ティラノサウルスと並んで最強の恐竜として人気が高い魚食性恐竜スピノサウルス類の化石=写真=が、湯浅町の海岸で見つかった。県内で恐竜化石の発見は2例目。

 長さ14㍉の歯化石で、大阪の化石収集家が昨年10月に発見。スピノサウルス類の化石は国内3例目、西日本では初めての発見。アジア最古級のスピノサウルス類の化石としても貴重な資料となった。

 化石は県立自然博物館に寄贈され、同館ではことし夏ごろの展示を予定している。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る