春本番もすぐそこ

 美浜町の吉原公園南側の松林内で17日、春の風物詩として知られる「こも外し」が行われた。

 松林内の施設を管理する一般社団法人煙樹の杜(西垣哲雄理事長)のメンバーら約10人が参加。昨年11月11日に取り付けた60本の松のこもを外し=写真=、焼却処分した。

 11月ごろから日本庭園などで見かけられる「こも巻き」は県内では和歌山城の松が広く知られている。和歌山城ではことしも二十四節気で地中の虫が冬ごもりを終えて地上にはい出るころとされる「啓蟄」(けいちつ)の6日にこも外しがあったが、美浜町では月1回の施設周辺広場の清掃に合わせて実施した。

 こも巻きは江戸時代から行われてきたという害虫駆除法の一つ。メンバーらはわらで作った「こも」に虫が潜んでいないかなどを確認しながら作業に当たり、西垣理事長は「こも巻きは中紀、紀南ではやっているところがないと聞いている。冬から春にかけての美浜の風物詩にできればと思うし、町民が松に興味を持つきっかけにもなれば」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る