才能の種には努力の水を

 由良町企業メセナ協議会(山口博美会長)の講演会が3日中央公民館で開かれ、一般ら約300人が来場。講師にタレント・ビートたけしさんの実兄で工学博士の北野大さん(76)を迎えて、「北野家の訓(おし)え」をテーマに聴いた。

 北野さんは「父は酒を飲んで帰ってきてちゃぶ台をひっくり返すような人。母が家のことや子どもの教育まで全てをしていた」と話し、亡き母さきさんの教えとして、①実るほどこうべを垂れる稲穂かな②自慢、高慢、馬鹿がする③一杯の酒に城が傾く④物をもらって怒る人はいない⑤人は物がほしい時には物はくれない――の5つを紹介。「偉くなっても常に謙虚で」「当たり前だが、悪いことをしてはいけない」「人とのいい関係は贈り物で築く」などと、古きよき昭和の教育論について語った。

 また、いまでは「世界の北野」と呼ばれているビートたけしさんが、子ども時代は母親から「バカたけ」と呼ばれていたエピソードも紹介しながら、「たけしは才能があるが、才能の種に努力の水をやるから花が咲く。彼はいつも新聞を読んで勉強するなど、努力をして自分を磨いている」と述べた。このほか、下町のキーワードとして①おせっかい(ボランティア)②やせ我慢③もったいない――についても説明した。

 来場者は軽妙な語り口に引き込まれ、天才が育った家庭教育に興味深く耳を傾けた。

写真=「悪いことをしてはいけない」と北野さん

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る