御坊駅で県警の東日本大震災活動写真展

東日本大震災の発生から8年となる11日に合わせ、御坊署は13日まで、御坊市のJR御坊駅に、震災現場での県警活動を記録した写真パネルを展示している。

震災の記憶の風化を防ぎ、大規模災害に対する住民の危機意識高揚を図ろうと実施。被災地の写真や行方不明者の捜索活動の状況を記したパネルを並べている。

阪神・淡路大震災時の写真も展示。同署は「忘れがちになりますが、地震、津波はいつ起こるか分からない。危機意識を常に高く持ってください」と呼びかけている。

写真=駅構内に並べられている活動写真のパネル

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る