御坊発電所2号機休止へ

 関西電力㈱は1日、御坊市塩屋町の御坊発電所の1基を4月1日から休止、海南市の海南発電所1~4号機を廃止すると発表した。

 御坊発電所で休止となるのは、火力発電3基(180万㌔㍗)のうちの2号機(60万㌔㍗)。電力自由化などで全体の電力供給量は増える一方、節電の定着や省エネの進展等で関西の電力需要が減少傾向にあることが大きな要因。加えて御坊の2号機は1984年11月に運転を開始して34年が経過しており、設備に不具合が生じているのが現状で、大規模な改修時期にさしかかっているなか、採算性も考慮して休止となった。廃止ではなく、将来的には再開する可能性もある。1号機と3号機はこれまで通り稼働する。

 柏木征夫市長は「電力需要の減少といった厳しい経営環境下での判断の結果であるので仕方のないことだが、燃料の取扱量が減少することから日高港の取り扱い貨物量が多少なりとも減少することは誠に残念。御坊発電所は御坊・日高地域の経済活動に大きな役割を果たしていただいているので、1、3号機の運用に力を注いでいただきたい」とコメントを発表した。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る