御坊の須佐神社で伝統のおとう祭

 御坊市塩屋町南塩屋の須佐神社で10日、日高路に春の訪れを告げる伝統の「おとう祭」が行われた。

 氏子5地区から1人ずつ選ばれた15歳以下の男の子(おとう)が集まり、大きな幣を振って地域の平安を祈願。ことしは南塩屋の井原拓夢君(10)、切山区の新川瑛士君(4)、南谷区の南田天成君(6)、森岡区の西岡寿藍君(7)と、子どもがいない蕨野区は楠本博区長が参加した。

 子どもたちは裃に冠姿で駕籠に乗り、榊持ち、太刀持ち、家族らを従えて神社に参集。修祓の儀、長床の儀、白洲の儀と古式ゆかしく式が行われ、神殿では長さ約2㍍の大幣を前後左右に振り、同時に後ろの世話人がお洗米(ハナガラ)を振りまいた。

 奉幣のあとは広場でお湯上げ、厄除けのもちまきも行われ、多くの人でにぎわった。

写真=奉幣の儀で大きな幣を振るおとう

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る