印南で軽トラ市にぎわう

 印南町の印南漁港内で16日、町活性化イベント実行委員会の軽トラ市が開かれ、多くの買い物客で活気にあふれた。

 地元の事業者から16台の出店があり、鮮魚や特産の花、野菜、果物、加工品が特別価格で並んだ。寒の戻りのなかも会場は、午前9時のオープン前から大にぎわい。スタートと同時にそれぞれの荷台に人だかりができていた。

 今回初めて出品された郷土料理「かきまでご飯」や手芸の「かずらかご」、彼岸を前にスターチスも人気。町内の女性は目当てのメジロを手に「安くていいものばかり。売り切れる前に買えてよかったです」と笑顔を見せていた。

写真=寒さのなかもにぎわう会場

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る