印南で在宅医療・介護の研修会

 印南町の公民館で12日、町在宅医療・介護連携推進事業の講演会が開かれ、町民と医療・介護関係者ら約70人が参加した。国保日高総合病院内にある日高在宅医療サポートセンターの湯川憲治センター長を講師に迎え、最期まで印南で「生きて」「逝く」ために必要な知識や看取りの心構えを学び、住民と医療・介護スタッフの交流の場にもなった。

 昨年に続いて2回目で、テーマは「最期まで印南町で生きて逝く~つながろう! わたしを支える医療・介護専門職人たち~」。御坊市薗の源行寺住職でもある湯川さんは、葬儀形態の移り変わりや人生の終わりのための活動「終活」について、「生きる(生まれる)は偶然、死は必然。それぞれ命には限りがあり、人生の最後を見つめ直し、考える必要があります」と訴えた。

 その上で、住み慣れたまちで最期まで暮らすための「地域包括ケアシステム」について説明。「高齢化と病床削減で、病院ではなく地域(自宅)で最期を迎える人が増えていくなか、医療・介護の連携は必須。地域が『終の住処(ついのすみか)』でなければならない。在宅医療・介護があってこそ看取り、看取られができる」と力を込めた。 

 続いて地域包括支援センター、在宅医療サポートセンター、地域医療連携室、ケアマネージャー、薬局、訪問看護、福祉用具貸与・特定福祉用具購入、介護老人福祉施設など、地域の在宅医療・介護に関わる人の仕事や役割を説明。退院後に介護サービスを受け、入院前の生活に戻った人の体験談も紹介され、町担当者は「印南で最期まで生きるためには、自分が持つ力を最大限発揮し、自分らしく、人生の最終段階にはどうするかしっかり考え、家族に伝えておくことが大切です」と呼びかけた。

写真=在宅での医療・介護について説明する湯川センター長

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る