中学生の中西君がサッカー審判員3級合格

 日高中学校2年生で、小学生サッカーチームのFCブラストでコーチを務める中西葵郁君が、2月に行われた県サッカー協会の3級審判員に見事合格した。中学生の3級審判員は日高地方初。大人になっても大好きなサッカーに関わり続けたいと、審判の道を一つの選択肢にしており、「ワールドカップで審判を務めてみたい」とでっかい夢を描いている。

 保育園年長のころから地元日高町のFCブラストでサッカーを始め、6年生のときは日高新報杯少年サッカーAクラスで初優勝を飾ったメンバーの一人。中学生になってからは部活で陸上部に所属しながら、ブラストのコーチとして練習に参加して小学生を指導している。

 ブラストの竹谷敏一監督から「自分のスキルアップのために審判の資格を取ってみては」とアドバイスを受けたことがきっかけで興味を持ち、1年生のときに講習を受講して4級審判員を取得。2年生になってからは本格的に取り組み、県サッカー協会審判委員会インストラクター部でFCダンシーマのスタッフ北村泰之さんらの指導を受けて着実にレベルアップしている。昨年夏に日本サッカー協会が審判員の普及・育成・指導強化を目指して全国を巡っている「レフェリーキャラバンin和歌山」にも参加。ことし2月には3級試験に挑み、筆記試験とインターバル走の体力試験を見事にクリアし、3級資格を取得した。小学生や中学生の試合の主審を務めることができる。

 「審判は迅速に正しい判断をするのが難しいけど、いろんな選手のプレーを見ることができて勉強になるし、楽しい」。高校ではサッカー部に所属し、技術や体力を磨きながら審判の勉強も続ける。「夢はサッカーワールドカップの決勝戦で笛を吹くこと」と笑顔で話し、「次の目標は2級審判員。合格できるように実績を積み重ねていきたい」と張り切っている。

 竹谷監督は「いろんな可能性を広げ、サッカーに関わり続けてほしい。大きな夢に向かって頑張ってほしい」とエール。北村さんも「高校生になれば全国大会や全国トレセン大会の主審を務める候補に、各都道府県から1人だけ選ばれる。県内から選ばれるよう、しっかり経験を積んでいってほしい」と期待を込める。

写真=中学生で3級審判員を取得した中西君

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る