世耕大臣が下請取引適正化に意欲

 和歌山市のホテルグランヴィア和歌山で県と中小企業庁が主催の「下請取引適正化推進シンポジウム」が開かれ、県内の中小企業経営者ら約430人が出席。世耕弘成経済産業大臣も顔をみせ、昨年7月、和歌山県と経産省が全国で初めて結んだ下請取引条件改善への連携協定に関し、「この取り組みを和歌山モデルとし、全国に浸透させていきたい」と意欲を示した。

 シンポジウムでは弁護士の長澤哲也氏が「企業にとっての下請法とは」と題して講演し、パナソニックと島精機製作所の社員が下請取引適正化に向けた活動事例を紹介。パネルディスカッションでは「中小企業の公正な取引環境の実現に向けけて」をテーマに、登壇講師や県、中小企業庁の担当者らが意見を交換した。

 世耕大臣は記者団の質問にも応じ、「古くから繊維産業の盛んな和歌山では特に、いったん契約しながら代金支払いの際に値引きをする『歩引き(ぶびき)』など独特の商習慣があり、下請企業がしわ寄せを受けやすい構造が残っている。特効薬はないが、下請企業が声を上げやすい仕組みをつくりたい。現場の状況をよくつかんでいる県と経産省が連携し、是正する取り組みを地道に続けていくことが重要」と話した。

写真=シンポジウムで決意を示す世耕大臣

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る