テニスコート屋根設置に期待

 錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍で、テレビなどでもテニスの情報を見る機会が多くなった。硬式ではないが、日高地方ではソフトテニスが盛んだ。御坊市や印南町のチームを中心に県や近畿、全国大会などで活躍。最近は由良町の選手の名前が紙面に載ることも多くなってきた。

 本紙の記者はスポーツの種類別に担当が分かれており、筆者がソフトテニスを担当するようになって約10年になる。その間多くの選手を取材してきた。中学卒業後は男子なら和歌山北、女子なら和歌山信愛と強豪校へ進む子もいれば、県外の強豪校に進学する子も。もちろん地元の高校でプレーを続けている選手も多くいる。高校を最後に引退する子が多いが、国体の成人県代表選手に選ばれる選手もおり、小学生のころから取材してきた子が県代表として活躍してくれるのはうれしい限り。いま活躍しているジュニアの選手たちにもずっとソフトテニスを続けてもらうことを願いたい。

 大会などに使用されるソフトテニスのコートは県内にいくつかあるが、この日高地方にあるかわべテニス公園もその主要な会場の一つだ。日高川町では2019、20年度の2カ年でかわべテニス公園内にある一部のコートに屋根を建設する。屋根ができることで雨天でも使用でき、大会主催者も予定が組みやすく、これまで以上の利用が見込まれるだろう。

 町では屋根設置を県内外に広くPRしていく方針だ。大会での使用や県外からの利用にも期待したいが、屋根付きコートの完成を機に日高地方のソフトテニス選手の実力アップ、また日高川町を中心に盛んではあるがまだまだ少ない硬式テニスプレーヤーの増加につながることを願いたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る