よいしょ!

 県が津波対策で進めている由良港防波堤整備事業は14日、ケーソンの据え付け工事がスタートした。

 鉄筋コンクリート製の高さ12・5㍍、幅9・3㍍、長さ17・3㍍、重さ1168㌧。これまで同港沿岸で4基を建造しており、17日まで、一日1基ずつ設置していく。初日は巨大クレーン船(起重機船)の「金剛」(つり能力最大2050㌧)が、ケーソンをゆっくりとつり上げて柏の沖合まで運び、水を注入する作業を経て海底に設置した。

 防波堤整備事業は総額67億円の一大プロジェクトで、2024年度末の完成を目指している。

写真=クレーン船「金剛」でつり上げられたケーソン

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る