よいしょ!

 県が津波対策で進めている由良港防波堤整備事業は14日、ケーソンの据え付け工事がスタートした。

 鉄筋コンクリート製の高さ12・5㍍、幅9・3㍍、長さ17・3㍍、重さ1168㌧。これまで同港沿岸で4基を建造しており、17日まで、一日1基ずつ設置していく。初日は巨大クレーン船(起重機船)の「金剛」(つり能力最大2050㌧)が、ケーソンをゆっくりとつり上げて柏の沖合まで運び、水を注入する作業を経て海底に設置した。

 防波堤整備事業は総額67億円の一大プロジェクトで、2024年度末の完成を目指している。

写真=クレーン船「金剛」でつり上げられたケーソン

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る