よいしょ!

 県が津波対策で進めている由良港防波堤整備事業は14日、ケーソンの据え付け工事がスタートした。

 鉄筋コンクリート製の高さ12・5㍍、幅9・3㍍、長さ17・3㍍、重さ1168㌧。これまで同港沿岸で4基を建造しており、17日まで、一日1基ずつ設置していく。初日は巨大クレーン船(起重機船)の「金剛」(つり能力最大2050㌧)が、ケーソンをゆっくりとつり上げて柏の沖合まで運び、水を注入する作業を経て海底に設置した。

 防波堤整備事業は総額67億円の一大プロジェクトで、2024年度末の完成を目指している。

写真=クレーン船「金剛」でつり上げられたケーソン

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る