たき火の広がりに注意

 紀美野、有田川両町にまたがる生石高原(標高870㍍)で、春の風物詩になっている山焼き。ススキの名所として知られる観光スポットで、山焼きはススキ以外の草木も一緒に焼き払い、その灰を肥やしに新しいススキの芽吹きを促進、美しいススキの草原を再生させるための行事として行われている。

 その山焼き、ことしは10日に予定されていたが、強風注意報が発表されたため中止になった。以前の取材を思い出すと、一斉にススキが焼き払われる光景は壮大のひと言。火は風にあおられ、どんどん大きく広がり、ぱちぱちと大きな音や黒煙が上がっていく。これまでにも、風が強すぎたため延期、中止になったことがある。

 一方、こちらは予防の話。ことしになって日高地方では、たき火による火災が多発している。14日までに発生した日高広域消防管内の火災11件のうち、たき火が原因とみられているのは10件。冬から春へ、空気が乾燥して火災が起きやすく、また強い季節風で、大火になりやすく、山火事予防運動も行われたばかりだ。

 焼却するのであれば、周囲に燃えやすいものがないか確認し、風の強いときはやめるのは当たり前。山林やその付近は雑木や雑草という燃えやすいものが多く、火災が起こりやすいため特に注意しよう。監視を必ず行った上で、火の粉が飛ばないよう少しずつ燃やすようにし、終わったあとは完全に消えたことを確認。また、火災とまぎらわしい火や煙が上がるため、消防署への申し出が求められている。農業を営む父にも言っているが、火の取り扱いには十分注意し、家庭、地域、職場で火災予防を心がけよう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る