たき火の広がりに注意

 紀美野、有田川両町にまたがる生石高原(標高870㍍)で、春の風物詩になっている山焼き。ススキの名所として知られる観光スポットで、山焼きはススキ以外の草木も一緒に焼き払い、その灰を肥やしに新しいススキの芽吹きを促進、美しいススキの草原を再生させるための行事として行われている。

 その山焼き、ことしは10日に予定されていたが、強風注意報が発表されたため中止になった。以前の取材を思い出すと、一斉にススキが焼き払われる光景は壮大のひと言。火は風にあおられ、どんどん大きく広がり、ぱちぱちと大きな音や黒煙が上がっていく。これまでにも、風が強すぎたため延期、中止になったことがある。

 一方、こちらは予防の話。ことしになって日高地方では、たき火による火災が多発している。14日までに発生した日高広域消防管内の火災11件のうち、たき火が原因とみられているのは10件。冬から春へ、空気が乾燥して火災が起きやすく、また強い季節風で、大火になりやすく、山火事予防運動も行われたばかりだ。

 焼却するのであれば、周囲に燃えやすいものがないか確認し、風の強いときはやめるのは当たり前。山林やその付近は雑木や雑草という燃えやすいものが多く、火災が起こりやすいため特に注意しよう。監視を必ず行った上で、火の粉が飛ばないよう少しずつ燃やすようにし、終わったあとは完全に消えたことを確認。また、火災とまぎらわしい火や煙が上がるため、消防署への申し出が求められている。農業を営む父にも言っているが、火の取り扱いには十分注意し、家庭、地域、職場で火災予防を心がけよう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る