JA紀州の田中さん 営農指導実践全国大会で最優秀

 全国のJA営農指導員の取り組みを審査・表彰するJA営農指導実践全国大会が21日、東京都内で開かれた。近畿ブロック代表で出場したJA紀州いなみ営農販売センター長田中俊史さん(40)の活動報告が、強固なミニトマトの産地を育成した点が高く評価され、見事、最優秀賞に輝いた。

 全国8ブロックの営農指導員の代表が、農業者の所得増大や農業生産の拡大につながる活動を発表。内容や発表力など総合的に審査され、最優秀賞、審査員特別賞を各1人、優秀賞が6人選ばれた。田中さんは、昨年7月の県大会、12月の近畿大会でいずれも最優勝賞を受賞し、同大会に臨んだ。

 発表のタイトルは「ミニトマト日本一へ! 赤糖房・優糖星・王糖姫の挑戦は続く 夢を描き実現へ」。ミニトマトの出荷に、パックに詰めずコンテナのままで生産者、市場、店舗を循環するシステムを考案、導入。生産者は収穫後、コンテナに入れるだけで、労力の大半を占めていたパック詰めなどの出荷調整作業を消費地で担ってもらうようにし、農家の省力化と消費者のニーズに合わせた商品形態を両立させた。

 新規就農が17人増加したことや加工品を開発し、廃棄になっていた生果の活用なども成果を上げたことを報告。高評価を得た。

 田中さんは「農家さんたちのおかげでこのような賞をいただきうれしい。先代から継続してきた取り組みを次代につなげ、50年、100年と続く産地にしていきたい」と話している。

写真=表彰を受ける田中さん

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る