県立高校入試 紀央館普通14人オーバー

 県教委は25日、2019年度公立高校の一般出願状況を発表。本紙エリアの学校では、定員オーバーは紀央館普通の14人のみで、日高普通は28人、南部普通は32人の定員割れとなった。

 県立の全日制出願者数は計6080人で、定員から合格内定者などを除いた入学者枠は6518人。平均倍率は0・93倍で、試験制度が大幅に変わった09年度以降で最低となった。

 本紙エリアの全日制3校2分校7学科(日高総合科学を除く)の出願者数は504人で、昨年より132人減。入学者枠は678人で平均倍率は0・74倍となった。

 日高普通の出願者数は昨年より34人減、定員を40人減らした紀央館普通は20人減、南部普通は27人減と、いずれも大幅に減少。例年、出願者が多い紀央館工業技術も定員40人に対し出願者29人と、11人の定員割れとなっている。

 このほかの学科や日高定時制もいずれも定員割れとなっており、南部の食と農園(定員120人)では出願者数42人で、昨年の89人の半数以下となった。

 一般出願の結果を受けて志願先を変更できる本出願は3月4、5日の2日間。学力検査が11日、面接・実技検査が12日、合格発表が19日となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 必ず投票しましょう!

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る