由良町議選 現新4人が当落線上

 定数10に対して現職9、新人3の計12人が立候補し、2人超過の少数激戦を繰り広げてきた由良町議選の舌戦もあと一日限りとなり、必死のお願いコールが響いている。上位争いは現職2人に新人1人が迫る勢い。下位は南地区の現職2人と新人1人、門前の現職1人の計4人が当落線上とみられるが、選挙経験のない1期生もおり、下位が入れ替わる可能性も。17日の投開票を前に最終盤の戦況を分析してみた。(文中敬称略、カッコ内前々回票)

 川出純(433) 地元南区から出馬の新人と親戚が重複するなどのあおりを受けて苦しい戦いを強いられているが、唯一の共産党候補、6期最ベテランの底力で全町的に支持を広げ、当落ラインは超えたか。

 野田悟 昨年11月の出馬表明以降、ほぼ全域であいさつ回りを2巡する精力的な活動を展開。地元畑地区でも久々の町議候補にムードがよく、隣接の中地区や農業関係でも支援があり善戦。上位の一角を崩せるか。

 吉田ひとみ(569) 二人三脚の夫の死去などで前々回のような〝馬力〟はないが、日頃のイベント司会やチャリティー活動で高齢者からの人気が高く、女性パワーの支援も受けて中位はキープできそう。

 岩﨑清和 昨年10月に新人では一番手で出馬表明。地盤の小さな南区で厳しい戦いだが、歌仲間や隣接町の町議らのバックアップも受けて終盤に上向いてきており、当落ライン超えまでもうひと踏ん張り。

 森三枝子(221) 地元南区で新人出馬のあおりを受けて苦戦しているが、親類や同級生らの支援を受けて隣接の里など他地区でも支援を訴え。陣営では危機感を前面に押し出しており、当落線超えへあと一歩。

 玉置一郎(449) 地元門前区の推薦はないが、事実上のバックアップを受け、親戚筋や4期ベテラン、議長経験の実績などで幅広く運動を展開。地元や隣接区の候補者減も上乗せの好材料で、上位が見えてきた。

 馬場博文(628) 地盤の大きな旧衣奈地区で唯一の候補で、地元の結束は固く、農業、スポーツ、親戚筋をたどって他地区にも攻勢。他陣営からの切り崩しや上滑りに警戒しながら、3回連続トップなるか。

 中村真一 選挙経験のない1期生。地元神谷区の区長や高齢者の支援を受けて、地盤は固まってきた。旧白崎地区をメインに運動の輪を広げているが、血縁票が少ないのが不安材料で、安全圏までもう一息。

 山本大 昨年12月に出馬表明した唯一の20代候補。地元網代や江ノ駒、阿戸など祭り関係を中心に町内全域的に若者層の支持を得ている。陣営の士気も高く、安全圏をキープ。勢いに乗ればさらに票を伸ばす可能性も。

 中谷茂生 選挙経験のない1期生。運動の出遅れがやや響いているものの、地元大引の元区長や元ベテラン町議の応援、SNSの活用、ビラ配りなどで巻き返しており、安全圏には届いたとみられている。

 山名実(447) 親類や自身の会社、知人などのつてを頼りに地元の吹井や出身地の網代などでも集票。親交がある元町議の引退票も一部獲得。現職議長の実績もあり、今回も好位置をキープできそう。

 由良守生(281) 議会一般質問での風力発電健康被害の訴えなどで一定の固定票はあるが、前々回のような選挙態勢が取れていない上に大きな上乗せの材料がなく、今回も当落線上の苦しい戦い。

 期日前投票 14日までに694人が投票。前々回比207人の大幅増。

写真=国道42号入路交差点で手を振って猛アピール

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る