由良町議選 新議員10氏決まる


定数10に対して現職9、新人3の計12人が立候補し、2人超過の少数激戦を繰り広げてきた由良町議選は17日に投開票され、新町議10氏が決まった。トップ当選は3回連続で馬場博文氏。旧衣奈地区の固い結束を頼りに582票を獲得した。新人では野田悟氏が上位の一角を崩して2位につけ、山本大氏も4位と大健闘。最下位には森三枝子氏が滑り込んだ。涙をのんだのは岩﨑清和氏と由良守生氏で、訴えが浸透しきれなかった。当日有権者数は5046人、無効票は73票。

トップ当選を飾り、きよ美夫人と花束を手に笑顔の馬場さん(写真)

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る