気軽に見に来てください

 日高川町三十木の天台宗渓谷寺(林佳澄住職)では、200年前に描かれた涅槃(ねはん)図を公開している。

 涅槃図は、横たわる釈迦を囲んで諸菩薩をはじめとするさまざまな生き物などが嘆き悲しむ様子を描いた図。作者は安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師、長谷川等伯の子孫で、文政2年(1819年)に同寺に贈られたことなどが、絵の裏側に記されている。

 寺では2月15日のお釈迦さまの命日に合わせて2年前から公開。公開期間は1カ月。林住職は「寺の宝の一つである涅槃図です。周辺では目にする機会も少ないと思いますので、ぜひ一度ご覧ください」と呼びかけている。

写真=公開している涅槃図と林住職

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る