気軽に見に来てください

 日高川町三十木の天台宗渓谷寺(林佳澄住職)では、200年前に描かれた涅槃(ねはん)図を公開している。

 涅槃図は、横たわる釈迦を囲んで諸菩薩をはじめとするさまざまな生き物などが嘆き悲しむ様子を描いた図。作者は安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師、長谷川等伯の子孫で、文政2年(1819年)に同寺に贈られたことなどが、絵の裏側に記されている。

 寺では2月15日のお釈迦さまの命日に合わせて2年前から公開。公開期間は1カ月。林住職は「寺の宝の一つである涅槃図です。周辺では目にする機会も少ないと思いますので、ぜひ一度ご覧ください」と呼びかけている。

写真=公開している涅槃図と林住職

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る