思うように動けない~

 御坊市の名田中学校(阪本芳造校長)は19日、高齢者疑似体験を行い1年生14人が参加した。

 講師は日高博愛園の理学療法士、中村明日香さんと花澤侑里佳さん。最初に中村さんの講義で、高齢者になると起こる身体や心の変化、接し方や介助方法を学んだ。体験は3人1組の5班に分かれ、班ごとに高齢者、介助者、花カード(認知症とともに生きるまちづくりの啓発物)作りを交代で行った。高齢者擬似体験は、肘、膝の曲げ伸ばしを制限するサポーター、両手足首に重り、左右で重さの違うスリッパ、視界が悪くなるゴーグル、周囲の音を遮断するヘッドホンを装着し、首から提げたひもを膝につなぎ腰が伸びない状態でスタート。歩行、階段の昇降、寝返りや文字の読み書き、飲食、洗濯など日常生活を体験。介助者役はそれをサポートした。思うように動けずふらつきながら介助者を頼りに体験していた。池田晴哉君は「洗濯が一番きつかった。高齢の人の大変さがわかったので、家でおばあちゃんを手伝ってあげたい」と話していた。

写真=高齢者と介助者の体験をする生徒

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る