地方議会の活性化を

 ことしは1月の御坊市議選を皮切りに日高町議選、美浜町ダブル選、由良町議選が行われた。

 4つの議員選をみると、立候補したのは現職、新人、元職合わせて51人。年代別でみると20代1人、30代1人、40代6人、50代15人、60代22人、70代5人、80代1人。最も多い60代は全体の3割近くあり、ある程度経済的に余裕がある退職組が多い傾向にある。逆に少ないのは20~40代。若者の政治離れが進んでいるのが要因。全国的にもそうで、地方議員のなり手不足が深刻化している。

 そうなると議員定数削減の話が出てくる。ただ、多過ぎはよくないが、ある程度の人数がなければ議論の幅が狭くなるし、執行部との馴れ合いの恐れも。「十人十色」ということわざがあり、議論の幅を持たせるためには定数10が最少の適正人数だろうか。9人以下になると、その分多様な意見が減るということ。北山村は近く現行の定数6から全国最少の5に減らすそうで、少ない人口規模からみれば仕方ない面もあるのだが…。いずれにしても若者がもっと政治に関心を持ってどんどん出馬してくれるようなまちづくりに期待。若者ならではのアイデアや行動力が必要だ。

 半面、今回の選挙で驚いたのは86歳の元職や70代の新人が立候補し、当選したこと。高齢者の知恵や経験はまちの発展に大いに役立つし、高齢者の意見を行政に届けるには、高齢者自らするのが一番いい。人生100年時代と言われる中で、議場で活躍する元気なお年寄りは、他の高齢者の見本にもなるかもしれない。賛否両論あると思うが、若者からお年寄りまでさまざまな意見が飛び交う活発な議会を望む。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る