命の大切さ学ぶ作文コンクで原さんが警察庁審議官賞

 警察庁の「命の大切さを学ぶ教室」作文コンクールで、大成中学校2年生の原季句さんが、上位4番目となる警察庁長官官房審議官賞を受賞した。

 犯罪被害者や遺族が中高生に自らの経験を語る「命の大切さを学ぶ教室」を受けての感想文。今回は中学生の部に3万96点の応募があり、国家公安委員会委員長賞1点、文部科学大臣賞1点、警察庁長官賞3点、警察庁長官官房審議官賞5点、犯罪被害者支援室長賞44点を選んだ。

 大成中では昨年7月に教室が開かれ、18歳の長男を交通事故で失った児島早苗さん(奈良県)が講演。「交通事故はある日突然やってくる」と訴えた。

 原さんは遠くにいて連絡を取っていない家族がいるが、「それは生きているのが当たり前と思っているから」と気づかされ、「もっと家族や周りにいる人との時間を大切にし、いままでより少し優しい気持ちでかかわっていきたい」と締めくくった。

関連記事

フォトニュース

  1. かわいいアクセサリーできるかな

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る