命の大切さ学ぶ作文コンクで原さんが警察庁審議官賞

 警察庁の「命の大切さを学ぶ教室」作文コンクールで、大成中学校2年生の原季句さんが、上位4番目となる警察庁長官官房審議官賞を受賞した。

 犯罪被害者や遺族が中高生に自らの経験を語る「命の大切さを学ぶ教室」を受けての感想文。今回は中学生の部に3万96点の応募があり、国家公安委員会委員長賞1点、文部科学大臣賞1点、警察庁長官賞3点、警察庁長官官房審議官賞5点、犯罪被害者支援室長賞44点を選んだ。

 大成中では昨年7月に教室が開かれ、18歳の長男を交通事故で失った児島早苗さん(奈良県)が講演。「交通事故はある日突然やってくる」と訴えた。

 原さんは遠くにいて連絡を取っていない家族がいるが、「それは生きているのが当たり前と思っているから」と気づかされ、「もっと家族や周りにいる人との時間を大切にし、いままでより少し優しい気持ちでかかわっていきたい」と締めくくった。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る