ヤナギヤがモリンガ入り食パン販売

 御坊市薗、お菓子とパンの店ボナペティヤナギヤ(宮所忠喜代表)が16日から、スーパーフードとして近年注目されている植物「モリンガ」を使った新商品、モリンガ入り食パン「緑の恵み」を発売する。

 モリンガはワサビノキ科ワサビノキ属の植物で、学名「モリンガ・オレイフェラ」。熱帯・亜熱帯に生育し、インドの古典医学書「アーユルヴェーダ」にも病気予防に有効と記されている。19種類の必須アミノ酸、鉄分、カルシウム、ビタミン群、ポリフェノール等90種類以上の栄養素が含まれる。花、実、葉、根などすべて食べられるが、特に葉の栄養価が高い。

 宮所さんは昨年11月、モリンガを取り扱う紀州アグリプラス(日高川町小熊)の事業執行責任者的場信夫さんから「モリンガを使ったパンを作れないか」と提案を受け、商品化に取り組んできた。食べておいしく、しかも栄養分を損なわないように配分など工夫しながら試作を続け、今月に入って完成。淡い緑でほんのり苦みがあり、焼くとその苦みが香ばしく、おいしく食べられる。

 モリンガはフィリピンや台湾では栄養価の高い食品として昔からよく食べられている。日本ではまだサプリメントや青汁以外の利用例は少ないが、少しずつ関心が高まりつつあるという。

 宮所さんは「私自身60歳になり、健康への関心がより高まってきたところでした。これまでにも生産者の方から依頼を受けて野菜とのコラボレーションパンを作ってきましたが、このモリンガは特にアンチエイジングに効果があるとされる抗酸化物質を多く含み、食パンとして毎日食べていただくことで少しでも健康維持・増進のお手伝いができればと思っています」と話している。販売価格は1斤300円(税別)。

写真=モリンガが入った新商品「緑の恵み」

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る