パラアート国際交流展で上戸さんが入賞

 公益財団法人日本チャリティ協会主催、2019パラアートTOKYO国際交流展が東京都豊島区のとしまセンタースクエアで開かれ、30カ国から寄せられた絵画と書の入選作品210点を展示。日高地方から、日高川町和佐の上戸一輝(かみと・いつき)さん(18)の作品が見事入選した。県内の入選は4点。

 パラアートとは障害者の文化芸術で、来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に広く内外にパラアートを発信する目的で開催。上戸さんは昨年春にたちばな支援学校を卒業し、現在は日高川町臨時職員として南山スポーツ公園の清掃など担当している。

 子どもの時からアニメキャラクターの絵などを楽しんで描いており、4、5年前からオリジナルキャラクターを中心に本格的に描き始めた。美浜町三尾のアトリエビアンコ(えんどうひとみさん主宰)に月1回通っている。えんどうさんは画材などで助言はするが、基本的に自由に描いているという。

 今回の入選作品は「ボールカレン」というオリジナルキャラクターを、18色のアクリル絵の具を使って40×30㌢の用紙にカラフルに描いた作品。「男の子みたいな女の子」という設定のキャラで、大きな瞳が印象的な、生き生きした表情で描かれ、鮮やかできれいな色使いが評価された。

 アトリエで絵を描いている時に入選の知らせを受け、仲間もとても喜んでくれたという。家族と展示を見に行き、広い会場で多くの入選作と飾られているのを見て「うれしかった」と喜んでいる。

 他にも、猫や犬、牛など動物をモチーフにした数十種類のキャラクターがあり、「声優さんが声を当てて、アニメにできたら」という夢を持っている。これまでに、こども食堂の看板を手がけたことも。御坊市内の居酒屋から「壁に絵を描いてほしい」と依頼があるなど、活動の幅は広がっている。

写真=入選作品の「ボールカレン」

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る