パラアート国際交流展で上戸さんが入賞

 公益財団法人日本チャリティ協会主催、2019パラアートTOKYO国際交流展が東京都豊島区のとしまセンタースクエアで開かれ、30カ国から寄せられた絵画と書の入選作品210点を展示。日高地方から、日高川町和佐の上戸一輝(かみと・いつき)さん(18)の作品が見事入選した。県内の入選は4点。

 パラアートとは障害者の文化芸術で、来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に広く内外にパラアートを発信する目的で開催。上戸さんは昨年春にたちばな支援学校を卒業し、現在は日高川町臨時職員として南山スポーツ公園の清掃など担当している。

 子どもの時からアニメキャラクターの絵などを楽しんで描いており、4、5年前からオリジナルキャラクターを中心に本格的に描き始めた。美浜町三尾のアトリエビアンコ(えんどうひとみさん主宰)に月1回通っている。えんどうさんは画材などで助言はするが、基本的に自由に描いているという。

 今回の入選作品は「ボールカレン」というオリジナルキャラクターを、18色のアクリル絵の具を使って40×30㌢の用紙にカラフルに描いた作品。「男の子みたいな女の子」という設定のキャラで、大きな瞳が印象的な、生き生きした表情で描かれ、鮮やかできれいな色使いが評価された。

 アトリエで絵を描いている時に入選の知らせを受け、仲間もとても喜んでくれたという。家族と展示を見に行き、広い会場で多くの入選作と飾られているのを見て「うれしかった」と喜んでいる。

 他にも、猫や犬、牛など動物をモチーフにした数十種類のキャラクターがあり、「声優さんが声を当てて、アニメにできたら」という夢を持っている。これまでに、こども食堂の看板を手がけたことも。御坊市内の居酒屋から「壁に絵を描いてほしい」と依頼があるなど、活動の幅は広がっている。

写真=入選作品の「ボールカレン」

関連記事

フォトニュース

  1. シャクナゲよりももち?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る