アマゴ 解禁を前に成魚3500匹放流

 初心者にも気軽にアマゴ釣りを楽しんでもらおうと、日高川漁業協同組合は日高川の解禁(3月1日)を前にした26日、田辺市龍神村の計6カ所にアマゴの成魚約3500匹(270㌔)を放流した。今回で3回目の取り組み。足場が比較的よい河原から釣りができる場所に放流しており、同組合では「日高川のアマゴ釣りに親しんでもらいたい」と話している。

 アマゴは魚体に楕円斑(パーマーク)の模様ときれいな朱点があるのが特徴。日高川は有名河川だが、近年はアウトドアブームが下火になり、釣り人口も減少しているのが現状。同組合では裾野を広げようと、2017年から成魚の放流を実施しており、ことしで3年目となる。放流直後の成魚は警戒心が少なく比較的釣りやすい。

 ことしは柳瀬地内に70㌔、宮代キャンプ場周辺に100㌔、龍神温泉元湯周辺(龍神)に100㌔を放流。3地点にそれぞれ2カ所ずつ、計6カ所に放流した。大きさは15~25㌢程度。組合員らがバケツにすくって放し、アマゴは深みへと元気に泳いでいった。

 組合では「釣り客に好評。エサ釣りのほかルアー釣りなどのターゲットとしても狙える。成魚のほか、昨年6月には中津から龍神の上流域までに稚魚10万8000匹も放流している。今は解禁直前だが川のコンディションもいい。釣果も期待できるのではないか」と話している。漁期は9月30日まで、遊漁料は年券5400円(税込み)、日券2160円(同)。放流場所など詳しくは同組合℡0738―52―0950。

写真=成魚のアマゴを放流(柳瀬地内)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る