きのくに信金御坊で狩谷さんの着物地小物展

 御坊市御坊、きのくに信用金庫御坊営業部ロビーで、狩谷節子さん(74)=御坊市島=の着物地小物作品展が開かれている。22日まで。

 狩谷さんは幼い頃から母を見習って和裁等手仕事に親しんでおり、着物教室を開いた。50代の頃、2回の入院を経験。べッドで天井を見ながら「身辺整理しなければ」と思い、たくさんあった着物地を使って小物作りを始めた。当時関電御坊営業所にあったフリーコーナーで展示。その後、1995年から毎年1~2月にきのくに信金で作品展を開いている。

 今回も、えとのイノシシのかわいい置物をはじめ、はぎれをパッチワークのように縫い合わせたバッグやベスト、羽織のひもで作った携帯ストラップ、耳かきや髪留めと多彩な品約80点が並んだ。

 ことしは特に、前にしか進まないので「勝虫(かちむし)」という別名があるトンボのブローチをたくさん作り、漢方薬で黒く染めたスカーフに取り付けているのが見もの。狩谷さんは「電車に乗る時も作品を作り、着くまでに完成することも。信用金庫へ来る方には私と同年代の方も多く、作り方などで話がはずんでサロンのようです」と笑顔で話している。

 期間中、午前中にはなるべく会場にいるようにしているという。

写真=作品を前に笑顔の狩谷さん

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る