きのくに信金御坊で狩谷さんの着物地小物展

 御坊市御坊、きのくに信用金庫御坊営業部ロビーで、狩谷節子さん(74)=御坊市島=の着物地小物作品展が開かれている。22日まで。

 狩谷さんは幼い頃から母を見習って和裁等手仕事に親しんでおり、着物教室を開いた。50代の頃、2回の入院を経験。べッドで天井を見ながら「身辺整理しなければ」と思い、たくさんあった着物地を使って小物作りを始めた。当時関電御坊営業所にあったフリーコーナーで展示。その後、1995年から毎年1~2月にきのくに信金で作品展を開いている。

 今回も、えとのイノシシのかわいい置物をはじめ、はぎれをパッチワークのように縫い合わせたバッグやベスト、羽織のひもで作った携帯ストラップ、耳かきや髪留めと多彩な品約80点が並んだ。

 ことしは特に、前にしか進まないので「勝虫(かちむし)」という別名があるトンボのブローチをたくさん作り、漢方薬で黒く染めたスカーフに取り付けているのが見もの。狩谷さんは「電車に乗る時も作品を作り、着くまでに完成することも。信用金庫へ来る方には私と同年代の方も多く、作り方などで話がはずんでサロンのようです」と笑顔で話している。

 期間中、午前中にはなるべく会場にいるようにしているという。

写真=作品を前に笑顔の狩谷さん

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る