都道府県対抗中学テニス 日高地方8選手が県代表入り

 3月26日から三重県伊勢市で開かれる第30回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会の県代表選考会が13、14日に紀三井寺庭球場で開かれ、男子8選手、女子10選手を選抜。日高地方からは印南4、御坊2、湯川2の合計8選手が選ばれた。

 選抜されたのは印南から男子で片山剛志(2年)、川村幸大(同)、女子で林李々花(同)、畑中望来(同)、御坊から女子で上田凛奈(1年)、畑崎沙月(同)、湯川から男子で立野桂伍(2年)、女子で中島穂乃花(同)の8選手。印南の4選手と立野選手は2年連続。

 選考会には、新人大会やインドア大会など過去1年間の大会で好成績を残した男女24組ずつが参加。トーナメント形式の試合も行い、立野選手のペアと上田・畑崎組が2位、片山・川村組と林・畑中組が3位、中島選手のペアがベスト8。選考会の結果とこれまでの大会成績を合わせて総合的に審査された。今後、本大会に向け強化練習に参加する。

 都道府県対抗大会は各都道府県1チーム、伊勢市1チームの48チームが出場。団体、個人(シングルス・ダブルス)ともにトーナメントで争う。通常の学校単位の大会と違い、学校が異なる強豪選手同士がペアを組んで出場することもあるため、レベルの高い大会となっている。

 県代表は団体戦で男子が2年前、女子が3年前に優勝している。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る