簡易担架で楽しく学ぶ

 防災の研究に取り組んでいる印南町、印南中学校3年生有志の津波班が22日、印南小学校で3、4年生を対象にした「たのしく学ぶぼうさいおすそわけ講座」を開き、児童が簡易担架での避難について学んだ。


 取り組みの成果をおすそ分けしようと開いている講座で、メンバー15人が訪問。児童に1年間の取り組みや安政南海地震のときに残された戎屋楠次郎という少年の災害記録を紙芝居で紹介し、車いすでの避難が困難だった体験を伝えようと考案した「担架で急げ」というゲームで、災害時要援護者に対する理解を深めてもらった。


 ゲームは4人1組で行った。竹の棒と毛布で担架を組み、人に見立てたボールを乗せてマット、段ボール、三角コーンでつくられた凸凹、障害物、狭いところがあるコースを1周した=写真=。中学生に教わり、素早く安全にゴールへダッシュ。3年生の小川莉空さんは「担架を作るのは難しかったけど、教えてもらった通りにできて楽しかったです。勉強したことを家で話したい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. かわいいアクセサリーできるかな

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る