県高校新人バド 岩橋・柏木組がV

 県高校バドミントン新人大会が18、19日に田辺スポーツパーク体育館で開かれ、1部男子ダブルスで耐久の岩橋稜典選手(2年)=松洋中出身=と柏木颯選手(同)=同=のペア、同シングルスでは柏木選手が優勝。2部シングルスでは紀央館の嶋本侑輝選手(1年)がVに輝いた。


 1部男子ダブルスには34組が出場し、トーナメントで熱戦。岩橋・柏木組は初戦の2回戦で紀央館、3回戦で神島、準々決勝で新宮、準決勝で耐久、決勝で那賀の各ペアと対戦し、いずれも2―0で下すなど圧倒的な強さで栄冠を手にした。


 同シングルスには69人が出場。柏木選手は初戦の2回戦で星林、3回戦で粉河、4回戦で熊野、準々決勝で那賀、準決勝で耐久の選手をいずれも2―0で下し、決勝ではダブルスペアの岩橋選手と対戦。接戦の末、2―1で下した。


 2部は小中学校などで未経験の1年生を対象とした部門で、男子シングルスには81人が出場。嶋本選手は初戦の2回戦で近大附属、3回戦で和高専、4回戦で星林の選手をいずれも2―0。準々決勝では近大附属の選手を2―1、準決勝では和北の選手を2―0、決勝では熊野の選手を2―0で破った。同ダブルス(39組出場)には川口倖永選手(1年)とペアを組んで出場し、3位に入った。


 同大会は近畿や全国大会にはつながらないが、上位入賞者は6月の高校総体のシード権を獲得した。

関連記事

日高地方駅伝競走大会2019

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る