県高校新人バド 岩橋・柏木組がV

 県高校バドミントン新人大会が18、19日に田辺スポーツパーク体育館で開かれ、1部男子ダブルスで耐久の岩橋稜典選手(2年)=松洋中出身=と柏木颯選手(同)=同=のペア、同シングルスでは柏木選手が優勝。2部シングルスでは紀央館の嶋本侑輝選手(1年)がVに輝いた。


 1部男子ダブルスには34組が出場し、トーナメントで熱戦。岩橋・柏木組は初戦の2回戦で紀央館、3回戦で神島、準々決勝で新宮、準決勝で耐久、決勝で那賀の各ペアと対戦し、いずれも2―0で下すなど圧倒的な強さで栄冠を手にした。


 同シングルスには69人が出場。柏木選手は初戦の2回戦で星林、3回戦で粉河、4回戦で熊野、準々決勝で那賀、準決勝で耐久の選手をいずれも2―0で下し、決勝ではダブルスペアの岩橋選手と対戦。接戦の末、2―1で下した。


 2部は小中学校などで未経験の1年生を対象とした部門で、男子シングルスには81人が出場。嶋本選手は初戦の2回戦で近大附属、3回戦で和高専、4回戦で星林の選手をいずれも2―0。準々決勝では近大附属の選手を2―1、準決勝では和北の選手を2―0、決勝では熊野の選手を2―0で破った。同ダブルス(39組出場)には川口倖永選手(1年)とペアを組んで出場し、3位に入った。


 同大会は近畿や全国大会にはつながらないが、上位入賞者は6月の高校総体のシード権を獲得した。

関連記事

日高地方駅伝競走大会2019

フォトニュース

  1. ダムよりも高い?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る