県高校新人バド 岩橋・柏木組がV

 県高校バドミントン新人大会が18、19日に田辺スポーツパーク体育館で開かれ、1部男子ダブルスで耐久の岩橋稜典選手(2年)=松洋中出身=と柏木颯選手(同)=同=のペア、同シングルスでは柏木選手が優勝。2部シングルスでは紀央館の嶋本侑輝選手(1年)がVに輝いた。


 1部男子ダブルスには34組が出場し、トーナメントで熱戦。岩橋・柏木組は初戦の2回戦で紀央館、3回戦で神島、準々決勝で新宮、準決勝で耐久、決勝で那賀の各ペアと対戦し、いずれも2―0で下すなど圧倒的な強さで栄冠を手にした。


 同シングルスには69人が出場。柏木選手は初戦の2回戦で星林、3回戦で粉河、4回戦で熊野、準々決勝で那賀、準決勝で耐久の選手をいずれも2―0で下し、決勝ではダブルスペアの岩橋選手と対戦。接戦の末、2―1で下した。


 2部は小中学校などで未経験の1年生を対象とした部門で、男子シングルスには81人が出場。嶋本選手は初戦の2回戦で近大附属、3回戦で和高専、4回戦で星林の選手をいずれも2―0。準々決勝では近大附属の選手を2―1、準決勝では和北の選手を2―0、決勝では熊野の選手を2―0で破った。同ダブルス(39組出場)には川口倖永選手(1年)とペアを組んで出場し、3位に入った。


 同大会は近畿や全国大会にはつながらないが、上位入賞者は6月の高校総体のシード権を獲得した。

関連記事

日高地方駅伝競走大会2019

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る